協議離婚とは

協議離婚とは、夫婦が離婚についてお互いに合意することによって、
市町村役場に離婚届を提出し、それに伴う受理がされれば成立する離婚になります。

 

 

裁判離婚のように、離婚の理由について問われることもありません。
夫婦の間での話し合いや離婚届の提出に第三者が立ち会う必要もありません。

 

 

ですが、子供が未成年の場合、離婚後の親権をきちんと決めておかなくては離婚することはできません。
また、戸籍から抜ける人は離婚後のことについてしっかりと定めておく必要があります。

 

 

協議離婚は、お金も手続きの手間もかからない離婚方法となります。

 

 

ですが、相手が話し合いに応じることがなかったり、
離婚に同意してくれなければ協議離婚は全く成立しないことになります。

 

 

それでも離婚したい場合には家庭裁判所に夫婦関係調整調停の申し立てをすることになります。

 

 

養育費や財産についてもきちんと話し合っておく必要があります。
協議離婚においては、養育費や財産分与、慰謝料などについて、離婚後に決めることも可能ですが、
離婚後に話し合うことが難しい場合も多いものです。

 

 

早急に離婚したいからといって、何の話し合いも行わず決めない状態で離婚届を提出してしまうのは
後々のトラブルの元になってしまいます。

 

 

こういった事がらの取り決めは文章にして残すことになります。

 

 

文章の形には、

  • 当事者間の念書
  • 離婚協議書
  • 合意書

などのほか、公正証書を作成する方法があります。

 

 

旦那の不倫での嫁の行動