離婚成立の条件・後日の財産分与や調停・裁判

夫婦の間できちんと話し合いがされて、
離婚すること合意し、離婚届を提出、そして受理された場合には離婚はきちんと成立することになります。

 

離婚の理由は問われません。

 

離婚届には証人2人の著名押印が必要になってきますが話し合いに立ち会ってもらう必要はありません。

 

しかしながら、未成年の子供がいる場合には、
親権者をどちらにするか決定しなくてならないのでその間は離婚届は受理されないことになります。

 

 

夫婦間による話し合いがまとまらない場合や、
相手が話し合いに行こうに応じない場合には
夫婦のいずれかが家庭裁判所に夫婦関係調整調停の申請ができます。

 

 

家庭裁判所で行われる離婚調停は、調停委員が間に入って2人の言い分を聴くことになります。
最終的には話し合いによる解決が必要になります。こうして調停がまとまことが出来れば、離婚として成立することになります。

 

 

いまいち夫婦関係がはっきりしない場合などには使える方法です。
離婚方法の中の審判離婚には、告知から2週間以内にどちらか一方が申し立てれば成立しないことにあります。

 

 

ですがこの事例はほとんど確認されていません。

 

 

そのため、調停が成立しない場合は訴訟を起こすことになります。
訴訟を起こすには、必ず家庭裁判所での調停を行わなければなりません。

 

 

このため審判が着くまでに1年から2年の期間がかかると経ています。
裁判の途中で離婚の合意ができた場合は、和解離婚として成立することになります。

 

 

また、被告側が原告の請求を認め、訴訟が終わった場合
承諾離婚として成立することもあります。

 

 

旦那の不倫での嫁の行動