裁判離婚とは

協議離婚もできず、調停、審判でも離婚が成立しない場合、
離婚したい側が家庭裁判所に離婚訴訟を起こすことができます。

 

裁判の日を重ねて、原告と被告と離婚するという裁判の判決が決定することができれば、
強制的に離婚が成立することになります。

 

これが裁判離婚です。

 

しかしながら、裁判で離婚が認められるには、
法律の定める離婚原因が必要になってきます。

 

  • 不貞
  • 悪意の遺棄
  • 強度の精神病
  • 3年以上の生死不明
  • 婚姻を継続が難しい重大な事柄
のうち1つ以上当てはまる必要があります。

 

 

認諾離婚とは、
離婚訴訟の最中であっても、離婚訴訟を起こされた側が、起こした側の言い分を全面的に認めて離婚を承諾する事です。

 

 

和解離婚とは、
裁判の途中であっても、離婚の合意に至った場合には和解が成立した時点で若い離婚として離婚が成立することになります。

 

 

離婚をする上で、基本的には協議離婚がほとんどのケースになりますが、
中にはそれ相応の理由があって裁判離婚にまで発展するケースが少なくありません。

 

裁判離婚にあたっては、どちらかにそれなりの問題がある場合、
しっかりとした証拠の提出が必要になってきます。

 

証拠を用意するのは個人では難しいものです。

 

近年では専門的な探偵に依頼するケースも増えています。

 

 

旦那の不倫での嫁の行動