上手な離婚の方法

結婚する場合には市町村役場に、婚姻届を提出する必要がありますか、
離婚する場合にも法律上の手続きになってきます。

 

離婚するには、

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 審判離婚
  • 裁判離婚
  • 認諾離婚
  • 和解離婚

の6つの方法があるとされています。

 

 

承諾離婚と和解離婚は、
平成16年の4月から、新しく法律で定められた離婚の方法となります。

 

 

さらに、離婚裁判も昔は地方裁判所で行われていましたが、
平成16年の4月から家庭裁判所で行われるようになってきました。

 

 

協議離婚とは、
夫婦がきちんと話し合い、離婚に合意することで成立することです。
どのような離婚の理由であっても、夫婦が離婚に合意し、市町村役場に離婚届を提出して受理されれば離婚が成立することになります。ほとんどの場合がこの離婚になります。

 

 

調停離婚とは、
夫婦どちらかが条件に合意しない場合、話し合っても離婚の条件に折り合いがつかない場合、
協議離婚ができない場合などに家庭裁判所に調停を申し立てることになります。

 

 

審判離婚とは、
家庭裁判所の調停で合意に至らなかった場合でも、裁判所が介入し、
夫婦にとって離婚することが最良であると認めた場合、調停に関わる審判を下すことになります。

 

しかしながら、夫婦どちらかが審判に不服を申し立てれば審判が無効になります。
このため離婚は整理することがないので、実例としてはほとんどありません。

 

 

旦那の不倫での嫁の行動