離婚成立までの流れ

離婚成立まで

離婚成立までの流れ〜関連記事記事一覧

子連れ離婚、熟年離婚

離婚件数は、近年増加傾向にありましたが、少しずつ減少しているともいえます。ですが平成16年の離婚件数はかなりの数に上っています。数十年前の離婚の件数と比べると倍以上に増えていることになります。離婚の件数で最も多いのは、結婚5年未満の夫婦になります。結婚10年未満の夫婦も加えると、離婚全体の50パーセ...

≫続きを読む

上手な離婚の方法

結婚する場合には市町村役場に、婚姻届を提出する必要がありますか、離婚する場合にも法律上の手続きになってきます。離婚するには、協議離婚調停離婚審判離婚裁判離婚認諾離婚和解離婚の6つの方法があるとされています。承諾離婚と和解離婚は、平成16年の4月から、新しく法律で定められた離婚の方法となります。さらに...

≫続きを読む

裁判離婚とは?届け出・理由・判決など

協議離婚もできず、調停、審判でも離婚が成立しない場合、離婚したい側が家庭裁判所に離婚訴訟を起こすことができます。裁判の日を重ねて、原告と被告と離婚するという裁判の判決が決定することができれば、強制的に離婚が成立することになります。これが裁判離婚です。しかしながら、裁判で離婚が認められるには、法律の定...

≫続きを読む

離婚成立の条件・後日の財産分与や調停・裁判など

夫婦の間できちんと話し合いがされて、離婚すること合意し、離婚届を提出、そして受理された場合には離婚はきちんと成立することになります。離婚の理由は問われません。離婚届には証人2人の著名押印が必要になってきますが話し合いに立ち会ってもらう必要はありません。しかしながら、未成年の子供がいる場合には、親権者...

≫続きを読む

協議離婚とは?方法・養育費・公的証書など

協議離婚とは、夫婦が離婚についてお互いに合意することによって、市町村役場に離婚届を提出し、それに伴う受理がされれば成立する離婚になります。裁判離婚のように、離婚の理由について問われることもありません。夫婦の間での話し合いや離婚届の提出に第三者が立ち会う必要もありません。ですが、子供が未成年の場合、離...

≫続きを読む

調停離婚とは?流れ・手続きなど

調停離婚とは、協議離婚が成立しない場合に家庭裁判所に申し出ることによって離婚する方法になります。まずは、家庭裁判所に夫婦関係調整を申し立てすることになります。申し立ての手続きは原則として、相手方の住所地にある家庭裁判所にあります。夫婦が合意の上で決めた家庭裁判所に申してすることができます。調停を飛ば...

≫続きを読む